婚約指輪・結婚指輪購入に際して

婚約指輪、結婚指輪は必ず必要という訳ではありません。なかには「買わないで違うことにお金をかけた」や単純にお金がなくてあきらめたという人も居るでしょう。実際、必ず要るかと問われたら、「必ずでは無い」と多くの人は答えるでしょう。高価な買い物ということもあり、両方購入したら、安めの物を選んでも合わせで50万位はしてしまうことが殆どです。

では、何故多くの人は頑張ってこんな高価なものを購入するのでしょう。この「指輪の購入」というのは、男女で実は少し理由が異なると言われています。男性にとっては、ケジメや覚悟の表れな部分が大きいと考えられます。もしくは、単純に結婚=指輪というイメージを強く持っている場合もあるでしょう。

しかし、女性にとって大きな理由は、憧れ、夢では無いでしょうか。幼い頃から、花嫁さんというのは、綺麗で憧れの対象です。そんな綺麗な花嫁さんの象徴とも言えるキラキラ輝く婚約指輪。そんな指輪を自分も貰いたいというのが大きいにでは、と思います。

勿論、年齢を重ねていけばいくほど、単純に綺麗だと憧れだけでは無く、周囲への嫉妬や競争心から、「この指に嵌めたい」と思う部分も出てくる事も多いでしょう。婚約指輪というものは、身につけているだけで暗に「もうすぐ結婚しますよ」というアピールなりますし、その指輪が高価であったりお洒落であれは、指輪そのものを自慢する事もできます。とはいえ、そういった側面もあれど、多くの人は結婚が決まった幸せから「せっかく堂々と左の薬指に指輪を嵌められるのだから、嵌めたい」という気持ちで指輪を望むのだと思います。だからこそ、満足のいくデザインに指輪をじっくり見極めたいものです。

About 運営者