カテゴリー: 未分類

指輪の予算

指輪の予算については、男性側の経済状況にも左右されます。ただ、意外と高ければ良いという訳でもないのです。特に婚約指輪の価格は、土台であるリング部分の値段もさることながら、上に乗る宝石の大きさとランクで大きく値段が変わってきます。一番人気のダイヤモンドにした場合は、本当に値段は幅広いです。僅かしか大きさは変わらないのに、4C(カラット、カット、クラリティ、カラー)と言われる品質のレベルの差で全く違う価格になることもあります。そういった部分においても、どこまで妥協できるかも大きいでしょう。

ただ、ダイヤモンドについてははっきりと言えるのは、「もちろん大きく品質のランクが高いものはいいものだが、必ずしも似合うとは限らない」という事です。リング部分のデザインと、身につける女性の指と宝石という、この三つがバランス良く美しく見える事が一番重要であるので、案外「高ければ良いと言う訳ではない」と言う結果に落ち着くと思います。

むしろ、似合わないのに欲張って大きな高い石を付けても不恰好だったりします。結婚指輪についても同じで、納得したデザインである事はもちろんの事ですが、日常的に使うことに抵抗が無い価格にすると言うのも、意外と重要な選ぶ為の要素なのです。

参照HP⇒⇒http://gala-okachimachi.com/
高品質のブライダルリングを低価格で購入することができる「ガラおかちまち」です。

デザインの選び方

指輪のデザインについては、本当に個人の好みによる部分が大きいです。素材一つに至っても、金か銀かプラチナか等様々です。そこから、婚約指輪ならばどんな宝石を使うのか、宝石の大きさはどうするかなど、本当に様々なバリエーションがあるので、迷ってしまう方も多いでしょう。

まずは、色々なお店のカタログを貰ってきたり、結婚情報誌で指輪の特集を沢山見るのが良いと思います。定番タイプ、幅広タイプ、捻りタイプ、石付き、婚約指輪とセットで重ね付け出来るタイプ等、本当に色々あります。最初はどれも同じに見えるかもしれませんが、自然と自分の好むデザインのタイプがだんだんわかってくるようになるので、そこからは二人の納得がいくよう話し合って決めましょう。

そうしてデザインが決まったら、今度はお店選びです。既成だが少しリーズナブルなお店から、オーダメイドもの中心のお店。素材にこだわるお店、本当様々なので、何を一番優先するのかを決めて、選ぶのが重要だと思います。

そして、婚約指輪の場合は、オーダメイドは出来上がって初めて実物を見られるのは勿論の事ですが、既成のデザインでお願いをしても、石のサイズや色味イメージとやや違うという事もあるので、注意が必要です。多分一生に一度の選択です。満足のいくものをしっかり選んでください。

指のサイズの測り方

指輪のサイズの計りかたについては、専用のリングゲージというものがお店にはあります。一緒に購入しに行く場合は、プロのアドバイスも聞けるので、この方法が一番確実です。特に結婚指輪は、日常的に長く使う可能性が高い為、今ぴったりが良いのか、少し大きい方が良いのかという判断もしてもらえますので。

しかし、婚約指輪の場合、先に購入をしてサプライズとして渡したい男性も多いのでは無いでしょうか。この場合は、どうにかしてこっそり測るか、彼女にサイズを聞いておくかをしなくてはなりません。こっそり測るのがベストですが、なかなか難しいものです。

これについては、寝ている時にこっそり指に糸を巻き、出来た輪っかの大きさが何センチだったかを確認し、サイズを測るという方法があるそうです。あとは、確実さは下がりますが、自分の指の太さと比較して、どの指の太さと同じくらいだった、どの程度サイズが違ったかを記憶するという方法でしょうか。

他には、彼女の友人や姉妹などにそれとなく、指輪のサイズを訊いてみる、彼女が普段着けている指輪のサイズをこっそり確認する、という事も可能であるならば、手かも知れません。一生の記念となるイベントですから、上手くサイズを測っておいて、スマートに指輪を渡せたら素敵ですね。

婚約指輪・結婚指輪購入に際して

婚約指輪、結婚指輪は必ず必要という訳ではありません。なかには「買わないで違うことにお金をかけた」や単純にお金がなくてあきらめたという人も居るでしょう。実際、必ず要るかと問われたら、「必ずでは無い」と多くの人は答えるでしょう。高価な買い物ということもあり、両方購入したら、安めの物を選んでも合わせで50万位はしてしまうことが殆どです。

では、何故多くの人は頑張ってこんな高価なものを購入するのでしょう。この「指輪の購入」というのは、男女で実は少し理由が異なると言われています。男性にとっては、ケジメや覚悟の表れな部分が大きいと考えられます。もしくは、単純に結婚=指輪というイメージを強く持っている場合もあるでしょう。

しかし、女性にとって大きな理由は、憧れ、夢では無いでしょうか。幼い頃から、花嫁さんというのは、綺麗で憧れの対象です。そんな綺麗な花嫁さんの象徴とも言えるキラキラ輝く婚約指輪。そんな指輪を自分も貰いたいというのが大きいにでは、と思います。

勿論、年齢を重ねていけばいくほど、単純に綺麗だと憧れだけでは無く、周囲への嫉妬や競争心から、「この指に嵌めたい」と思う部分も出てくる事も多いでしょう。婚約指輪というものは、身につけているだけで暗に「もうすぐ結婚しますよ」というアピールなりますし、その指輪が高価であったりお洒落であれは、指輪そのものを自慢する事もできます。とはいえ、そういった側面もあれど、多くの人は結婚が決まった幸せから「せっかく堂々と左の薬指に指輪を嵌められるのだから、嵌めたい」という気持ちで指輪を望むのだと思います。だからこそ、満足のいくデザインに指輪をじっくり見極めたいものです。